実際の引越し 引越し前にやるべきこと

引越前にやるべき様々な事

引越業者への支払

単身の引越は何かと荷物が少ないので、そんな大手の引越業者さんを選択することはないと思います。軽トラックで運転手兼荷役の方が1人で来る場合が一般的です。このような業者さんには、引越先で荷物を運び込んだ後、引っ越し代金をその場で支払うことが多いようです。

これに対して、家族単位の引越ともなると荷物が多いので、大きな引越業者さんにお願いすることが多いかと思います。大手の引越業者さんの場合は従事した人数や、現場で発生したオプション料金対象サービスを事細かにチェックします。このような場合御見積金額よりもプラスアルファが多くなり、たいてい「見積もり通り」とはいきません。

ですから引越作業終了後、業者さんは事務所に戻って新たな請求書を発行し、後日送付してくるのが一般的です。確定した引っ越し料金を後日郵送などで受け取り、たいていは銀行振り込みやコンビニ支払などで支払します。

単身の引越に比べると家族単位の引越の方が荷物が多いので、どうしても金額が高くなります。引越完了後に驚くほど法外な請求書を送りつけてくるような業者もたまにいますので、業者選定の段階でそういったところに依頼しないよう、くれぐれも注意してください。やはり名の通った大手の引越業者は、そのブランドからムリな見積もり・請求はしてきません。ですから多少高めであっても安心料として大手引越業者さんを選ばれる方が、後々のことを考えると得策なのかもしれません。