実際の引越し 引越し前にやるべきこと

引越前にやるべき様々な事

引越業者が荷物を取りに来た時

引越の段取りを順調に踏んでいき、いよいよ引越業者さんが荷物を取りに来るという段階で、“物理的”な引越が始まります。一般的に引越業者さんは家具の梱包材を事前に支給してくれますので、できる限り上手に家具を梱包しておきます。この作業をサボる人も多いそうですが、できるだけ引越業者さんを困らせないようにしましょう。

そうしてある程度梱包しておいたものを順次引越屋さんのトラックに載せていくのですが、こうした作業は引越業者に任せておいて、別のことに専念します。まずお世話になったご近所の方へのご挨拶や、電気・ガス・水道の清算、そして忘れものがないかの再チェックなどをやります。

独身のころはこうした最終チェックなどあっという間にできたのですが、家族を持って子どもがいたりすると荷物も増えていたので大変だった気がします。  このように業者に任せられる部分は、徹底して業者にやってもらった方がいいです。

たまに「業者さんに悪いから」といって手伝おうとする引越主さんがいるようですが、引越業者に言わせると「じゃま」だそうです。気持ちはわかりますが、プロの仕事場に素人がうろうろしていると、単なる「じゃま」にしかならないようです。勘違いしないようにお気を付けください。

トラックに荷物の積み込みが完了し出発となったら、また引越主は忙しいです。引越業者のトラックに同乗していくか、引越業者さんより先回りして引越先についていなければならないからです。これは新居のカギを開けなければならないためです。